江口 綾音

1985 北海道生まれ
2011 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程油画コース 修了
2017 石川県金沢市在住

個展

2013 「ふかしの王国」ミヅマ・アクション@神楽サロン (東京)
2011 「フワ・モコ・サラサ・ラ」トーキョーワンダーサイト本郷 (東京)

グループ展

2016 「Seeing the Unseen」常陸国出雲大社 桜林館内 ギャラリー桜林(茨城)
2016 「眼差しと好奇心―anomaly―」ミヅマアートギャラリー(東京)
2015 「Further towards the future」Mizuma Gallery(シンガポール)
2014 「Imapacts! 勢み」JAPAN ART FESTIVAL ZANE BENNETT CONTEMPORARY ART × MIZUMA ART GALLERY  (アメリカ)
2012 「To the Future展」ミヅマ・アクション@神楽サロン (東京)
2011 「卒展セレクション2011」金沢アートグミギャラリー (石川)
2010 「kawaii賞2010」西武渋谷店 (東京)
「carre 2010」ギャラリー点(石川)
「ワンダーシード2010」東京ワンダーサイト渋谷(東京)
「carre a zurich」チューリッヒインシュランスカンパニー内ギャラリー(スイス)
2009 「carre a zurich 告知展」ギャラリー点(石川)
「via art2009」シンワアートミュージアム(東京)
「トリエンナーレ2009神通峡美術展」大沢野生涯学習センター(富山)
「トーキョーワンダーウォール公募2009」東京都現代美術館(東京)
「cross展」グリーンアーツギャラリー(石川)
「第4回三菱商事アートゲートプログラム」eye of gyre(東京)

受賞

2011 KANABIクリエイティブ賞2010 修了制作の部 審査員特別賞 (審査員 三潴末雄 氏)



Eguchi Ayane

1985 Born in Hokkaido
2011 Kanazawa College of Art ,M.A.
2016 Lives in Kanazawa

Solo Exhibitions

2013 “Mystical kingdom”MIZUMA ACTION ,Tokyo
2011 “Fuwa・moko・sarasa・ra”Tokyo Wonder Site Hongo ,Tokyo

Group Exhibitions

2016 「Seeing the Unseen」Hitachinokuni izumotaisya Gallery Ohorin,Japan Ibaraki
2016 「Eyes and curiosity―anomaly―」Mizuma art Gallery ,Tokyo
2015 「Further towards the future」Mizuma Gallery,Singapore
2014 「Imapacts! 勢み」JAPAN ART FESTIVAL ZANE BENNETT CONTEMPORARY ART × MIZUMA ART GALLERY,Santa Fe
2012 “To the Future” MIZUMA ACTION,Tokyo
2011 “The Selections from Graduation Works 2011” artgummi ,Ishikawa
2010 “2010 kawaii exhibition”SEIBU shibuya A ,Tokyo
“carre 2010” Garrery TEN ,Ishikawa
“WONDER SEEDS 2010”Tokyo Wonder Site shibuya ,Tokyo
“carre a zurich”Zurich Insurance Company ,Zurich
2009 “carre a zurich” Garrery TEN ,Ishikawa
“via art 2009” Sinwa art museum ,Tokyo
“Jinzukyo Art Exhibition 2009”Oosawano Shogaigakusyu Center ,Toyama
“Tokyo Wonder Wall 2009” Museum of Contemporary Art Tokyo ,Tokyo
“closs”Green Arts Garrery ,Ishikawa
“The 4th Mitsubishi Corporation Art Gate Program” eye of gyre ,Tokyo

Prize

2011 KANABIcriative prize2010 special jury prize “judge Mizuma Sueo”